介護業界に必要な逸材となれ|偏差値を知って学校を選ぶ

レディ

仕事の幅が大きい

男性女性

理学療法士が必要となる病院について

理学療法士は広い分野で活躍していますが、ここでは医療の分野でどの様な活躍をしているのかについて説明します。リハビリテーションが多く必要となるのは整形外科や神経内科、脳神経外科などです。その理由は整形外科では骨折、神経内科や脳神経外科には脳卒中の後遺症でリハビリテーションが必要になるからです。また、このほかにも、高齢者を多く受け入れている病院や、呼吸器外科、心臓外科などにおいてもリハビリテーションの重要性がわかってきており、徐々に求人が増えてきているところです。特に高齢者に対しては、早期離床による早期退院が医療費削減のためにも必要なため、理学療法士の活躍が期待されている分野であり、求人は増えていくことが予想されます。

リハビリテーションの内容について

骨折の場合には、主に関節可動域運動と筋力トレーニング、加重練習などが行われます。骨折をするとしばらくは関節を固定することとなるため、癒着などによって関節が動かない状態になります。それを改善するのが理学療法士の仕事です。また、患部に影響を与えないように筋力トレーニングを行い、できるだけ筋力を維持しながら骨がつくのを待ちます。骨がついてしまえば積極的に負荷をかけて筋力強化をしたり、体重をかける練習を行ったりしていきます。脳卒中の場合には、多くの人が麻痺の状態におちいります。病気になってからの1年くらいは大きな回復が期待できるため、リハビリテーションを行うことで日常生活が可能なようにアプローチをしていきます。高齢者が増えるにつれて骨折や脳卒中は増えるため、理学療法士の整形外科での求人や神経内科や脳神経外科での求人は増えていくでしょう。そのため、まずは専門学校に通って勉強し、資格を取得して求人募集に応募すると良いです。